Facebook Instagram YouTube
2016.04.23-06.19
終了しました

企画展Ⅰ ここにあるけしき−四つの小部屋から− 中澤美和/牧野真耶/松澤有子/村山まりあ

  • 中澤美和《安楽の景色》(部分)2014年
  • 牧野真耶《窓の外は 》(部分)2013年
  • 松澤有子 左 :《あおいろに透く》2014年 / 右 :《泊》(部分)2010年 ※ともに参考図版
  • 村山まりあ 左 :《Fairy tale-Knight and Dragon》2015年 / 右 :《Fairy tale-Princess and Knight》2015年

「けしき」という言葉にどのようなことを思い浮かべるでしょうか。雄大な山河の風景、部屋のごく身近にある日常のひと枠、手に取った器にうつる表情…。対象とするもののスケール、またそれとの距離感はさまざまですが、重要なことは見る者がそこから何を受けとるかということでしょう。想像をめぐらし、感じることで、各々のけしきが見えてくるのではないでしょうか。
本展は「ここにあるけしき -四つの小部屋から-」と題し、中澤美和(絵画)、牧野真耶(絵画)、松澤有子(インスタレーション)、村山まりあ(彫刻)の4名を紹介します。自然の印象をテーマにしたもの、藤沢という土地からインスピレーションを受けて制作されたもの、実在しない空想の世界など、アーティストの作品をとおして、あらたな「けしき」を発見していただければと思います。


会期

2016年4月23日(土)〜6月19日(日)

休館日

月曜日

開館時間

10:00-19:00(入場は閉館の15分前まで)

観覧料

無料

会場

藤沢市アートスペース〈アクセス〉

主催

藤沢市 藤沢市教育委員会

後援

神奈川新聞社 株式会社ジェイコム湘南 藤沢エフエム放送株式会社

協力

公益財団法人藤沢市みらい創造財団 ココテラス湘南



【展覧会図録のご案内】

kesikizuroku平成28年度企画展Ⅰ「ここにあるけしき-四つの小部屋から-」
の展覧会カタログの販売をしています。
出品作品の図版、作家略歴等を掲載しています。

【図録情報】
「ここにあるけしき-四つの小部屋から-」
判型: 並製本、無線綴じ 230㎜×182㎜ 48ページ(カラー32ページ、モノクロ16ページ)
価格: 1,000円[税込]

 

【購入方法】
FASに直接ご来館いただき、インフォメーションカウンターにて購入してください。
※通信販売をご希望のお客様は、図録代金と送料(一冊215円)を現金書留にてお送りください。複数冊ご購入希望のお客様は送料をご案内いたしますので、藤沢市アートスペース 電話(0466-30-1816)にお問い合わせください。


中澤美和(Miwa Nakazawa)

1982年静岡県生まれ 2007年多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業
。身近なもの、人物をモチーフに描き、近年では「理想郷」をテーマとした心象風景を制作。明るく清々しい色彩で描く穏やかな情景の中に、不確かさ、不安といった要素を潜ませる。
2014年「第6回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展」豊橋市美術博物館(愛知)、2015年「中澤美和展」アートスペース羅針盤(東京)など

中澤美和《安楽の景色》2014年

《安楽の景色》2014年

《ユートピア》2011年

《ユートピア》2011年


牧野真耶(Maya Makino)

1980年神奈川県藤沢市生まれ 2009年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画技法材料研究室修了。
藍という素材を用いた深遠な色彩表現と抽象的な画面構成により、作家自身の過去に体感した記憶を呼び覚まし、同時に見る者にも新たな感情を想起させる。
2015年「VOCA展 2015 現代美術の展望-新しい平面の作家達」上野の森美術館(東京)、2016年「牧野真耶-窓の外は-」六花亭福住店(北海道)など

《雨の庭》2014年

《雨の庭》2014年

《窓の外は》2013年

《窓の外は》2013年


松澤有子(Yuko Matsuzawa)

1975年神奈川県逗子市生まれ 2006年シドニー大学大学院芸術学部修士課程修了。
その土地、その空間にある記憶と時間、印象などを感受し、その場に生命の存在を感じさせる非日常空間をインスタレーションで表現する。
2014年「めぐるりアート静岡」《あおいろに透く》静岡市美術館(静岡)、2015年「松澤有子展-こだぬきのたからばこ」POLARIS☆THE ART STAGE(神奈川)など

《泊》2010年 撮影 : サカタヤスノ [参考図版]

《泊》2010年 撮影 : サカタヤスノ [参考図版]

《あおいろに透く》2014年 撮影 : サカタヤスノ[参考図版]

《あおいろに透く》2014年 撮影 : サカタヤスノ[参考図版]


村山まりあ(Maria Murayama)

1986年神奈川県横須賀市生まれ 2012年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻修了。
セラミックを用いて、自分と他者の「認識する」行為の違い・ズレを、身の回りにある「物」やはく製、物語の登場人物といったモチーフを介して表現する。
2014年「MITSUKOSHI×東京藝術大学『夏の芸術祭 2014 次代を担う若手作家作品展』」日本橋三越本店(東京)、2016年「Stuffed animals」現代美術 艸居(京都)など

《Fairy tale -Princess and Knight》2015年

《Fairy tale -Princess and Knight》2015年

《Fairy tale Knight-and Dragon》2015年

《Fairy tale-Knight and Dragon》2015年


〈お問い合わせ〉

藤沢市アートスペース
(藤沢市生涯学習部文化芸術課)
〒251-0041神奈川県藤沢市辻堂神台2-2-2
ココテラス湘南6階
TEL 0466-30-1816
FAX 0466-30-1817
E-mail c.hall@city.fujisawa.kanagawa.jp

Copyright © 2015 Fujisawa City Art Space, All rights reserved.